素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

交通

【交通】意外と知らない自転車保険の中身とは?

自転車を購入したら勧められるのが「自転車保険」です。

自転車保険とはいったいなんでしょうか?

加入して意味があるのでしょうか?

自転車保険が義務化が条例で広がりつつあります。

自分の地域も義務化になる前に知っておきましょう。



自転車保険とは?

自転車保険とは、自転車に乗って、事故をおこした時の保険です。

今まで自転車は「車両」という括りにもかかわらず、交通ルールも無視の無法状態でした。

その無法状態を法で縛り、規制をしようというお話です。

どんな時に役に立つのか?

自転車に乗っている最中に、「人と接触した」「物と接触した」などの時には適用されます。

自転車保険は、「車両」だけではなく「人」にかけることもできます。

事故を起こして、自分自身がケガをした場合など、保険が適用され、お金を受け取ることができます。

義務化が進んでいるのは、対人賠償の保険なので、人と接触した場合の適用です。

保険の種類

保険の種類は多岐に渡ります。

自転車保険が義務化になるということで、色んな保険業者が参入しています。

保険の種類はこれからも増え続けることが予想されます。

自転車保険の義務化で加入が必要なものは下記です。

*加入に必要な自転車保険

自転車損害賠償保険等(自転車で事故を起こした場合に、それによって生じた他人の生命または身体の損害を填補することができる保険

加入に必要なものではないものは、加入する必要がありません。

それを覚えておき、保険を選ぶことをお勧めします。

保険に未加入の場合の罰則

未加入でも罰則はありません。

ですが、事故をおこしてしまった時に、大変なのは自分です。

以前は、事故をしてしまっても「ごめん」で終わってしまっていたこともあります。

今度は、警察を呼び、ちゃんと処理をしなければなりません。

それは大きな違いです。

その時に保険に未加入の場合は、どうなるのか考えただけでも恐ろしいです。

実はすでに加入している場合もある

自転車保険と名前はついていますが、すでに加入している場合もあります。

自転車保険は「医療の保険」と「個人賠償責任保険」がセットになったものが中身です。

正確にいうと、自転車保険というものは存在しないのです。

昔はありましたが、加入者が少ないので、廃止になりました。

保険が義務化になり、自転車保険という今までの保険をセットにし、販売しているものです。

自分が加入している保険を整理したら、すでに加入していたなんてことも多いです。

自転車保険を選ぶのに、最も大事なこと

自転車保険に加入するのに、最も大事な項目は「示談交渉サービス」です。

保険が適用され、どのくらいの金額がもらえるかも、確かに重要です。

ですが、示談交渉サービスは、それよりも重要視される項目です。

本人同士の交渉だと、うまくいかないことが多く、時間がかかり難航します。

仕事をしている人は、仕事を休み、ストレスのかかる交渉を自分でしなければなりません。

想像するだけでも、やりきれる気がしません。

そんな時に、プロに頼むのが正解です。

まとめ

自転車保険が義務化されました。

今後は、必ず考えなければいけない保険の1つになります。

その時に、どんな保険を選ぶのかが、非常に重要です。

いざという時に、迷うのではなく、事前に情報を入れておきましょう。



-交通