素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

仕事

【仕事】セルフレジが普及しにくい理由

2017/03/26

スーパー、TSUTAYA、マクドナルドなどで、セルフレジが出始めています。

スーパーは特に導入率が増えていて、セルフレジといえばスーパーと思えるほど、定番化が進んでいます。

ですが、そのセルフレジは思ったほど、導入されていません。

その理由を調べてみました。



セルフレジとは?

スーパー、TSUTAYA、マクドナルドなどで見る、有人のレジではなく、無人のレジです。

自分でバーコードをスキャンし、合計金額を出します。

そして、現金、カードなどでお支払いを済ませられるレジです。

これだけの説明なら、非常に便利です。

レジは少しでも待つとイライラします。

誰でも混んでいないレジを探して、レジ前をウロウロしたことがあるはずです。

誰だって経験しているんです。

セルフレジがあれば、場所も少しで済むし、非常に便利です。


セルフレジのメリット

セルフレジのメリットは非常に多いです。

■セルフレジのメリット

*無人で進行

*レジ打ちの人件費がかからない

*レジが小スペースになる

*人的ミス(お釣り、人同士のトラブル)

*一定のスピードでレジが進む

一番のメリットは人的ミスです。

お金のやり取りがあるので、お釣りの間違いは売り上げに直接響いてきます。

機械は文句を言わなかったり、疲れがないのも良い所です。

セルフレジのデメリット

メリットばかりに思いますがデメリットも沢山あります。

■セルフレジのデメリット

*操作がわかりづらい

*お客さんを信じるしかない

*万引きが増える

*機械が壊れると対処が大変

*世の中が機械的になる

一番悪い所は、操作がわかりづらいことです。

おじいちゃん、おばあちゃんは操作がわからず、会計をするのは無理ではないかと思います。

実際に操作がわからず、店員を呼び、操作をしてもらう所を何度も見ています。

そんなことをしていたら、効率化の逆をいくことになります。

セルフレジが普及しない

セルフレジは都内など、人口の多い所では普及しています。

ですが、全国規模で考えると、普及は非常に遅いです。

郊外では、そもそもレジに人が並びません。

そこではセルフレジのメリットが半分以下になります。

機械的な作業を自分でやるとなると、誰もやりたがらないです。

それにセルフレジを使用したからと言っても、割引にはなりません。

それでしたら、有人のレジで楽をした方が良いです。

それだけ考えると、初期費用が高すぎるので、売れているお店でしか採用にはなりません。


これからの時代に向けてのセルフレジ

これからの時代にはセルフレジが増えてきます。

それは人件費の問題です。

機械的に作業をしてくれるなら、セルフレジの方が良いです。

文句は言わない、給料も必要がないと2代巨頭から解放されるなら良いです。

日本の人口も減るので、働く人も減ります。

そのような場合には、無人のレジを使うしかありません。

これからの時代にはセルフレジは増えていきます。

まとめ

セルフレジは初めて使うと、操作が難しいです。

やり方がわかりづらすぎます。

ですが、2回目からはお会計をするのが早いので、非常に便利です。

今はおじいちゃん、おばあちゃんは使用することがありません。

その為、セルフレジが空いています。

色んな人が使いだしたら、また別の問題が出てくるはずです。



-仕事