素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

仕事

【仕事】プレミアムフライデーは誰が得し意味はあるのか?

プレミアムフライデーが制定され、開始されだされました。

そもそもプレミアムフライデーとは、何の意味があって、誰が得をするのでしょうか?

強制的に退社を命じられ、そんなことをして意味はあるのでしょうか?



プレミアムフライデーとは?

プレミアムフライデーとは、月末の金曜日は15時退社を推進するものです。

普段が17時退社なら、2時間早く帰ることができる、とてもすばらしい推進です。

国が推進することなので、堂々と帰ることができます。

普段、17時まで働いている人は、昼間に買い物ができたり、病院など時間が決まっているものに対応することができます。

昼職をしている場合、病院、美容室など時間が決まっているものに、平日は行くことができません。

そんな時、プレミアムフライデーを利用し、普段行けない所に行くことができるのは便利です。

特に平日しかやっていない所には、有休を使って行くことしかできないので、利用する価値は大いにあります。

そんな社会人の悩みを利用し、経済効果を狙った戦略なのです。

確かに早く仕事が終われば、友人などと会い、飲みに行ったり、買い物に行ったりできます。

経済効果が期待できる政策です。

プレミアムフライデーを実施した企業

プレミアムフライデーを実施した企業は全体の2.5%です。

そもそも取引先の企業が実施していないのに、実施することは非常に難しいです。

特に月末の金曜日は締めの作業などで忙しいことが多いです。

そんな時に「仕事終わり。帰る」なんてことは、周りに合わせる人種の日本人が言うのは難しいです。

欧米などでは働き方が違いので、帰る人は多いでしょう。

実際にプレミアムフライデーを実施した企業は少ないです。

■プレミアムフライデー導入(実施)企業

・大和ハウス工業

・清水建設

・ヒューリック

・サンワカンパニー

・USEN

・三菱自動車

・住友商事

・三菱地所

・ソフトバンク

・サントリーHD

・トリンプインターナショナル

大手ばかりですが、非常に少ないです。

経済効果が見込めるはずが、実施している企業が少なすぎて、全く経済効果がありません。

実はプレミアムフライデーを実施されたら困る飲食業

プレミアムフライデーには、15時に仕事が終わり、飲みに行ったり、食事をするので経済効果が見込めるという予想がありました。

ですが、実際にはプレミアムフライデーを実施されたら困る飲食業です。

なぜなら、15時に仕事が終わって、誰かと待ち合わせしても16時集合です。

仕事が終わって、1時間後に待ち合わせは非常に多いです。

16時から食事や飲みの選択はありません。

居酒屋は17時オープンの所が多く、1時間早いです。

プレミアムフライデーに時間を合わせるなら、従業員に早出をしてもらわなければなりません。

そこでマイナスが生じます。

実はプレミアムフライデーを実施されたら非常に困っているのが飲食業だったのです。

プレミアムフライデーに経済効果はあったのか?

プレミアムフライデーが推進され、実施されましたが経済効果はありません。

そもそも実施している企業が少なく、時間も非常に微妙なので、実施されても直帰する人が多いです。

直帰すれば、もちろん経済効果が期待できるわけでもなく、休みが多いだけです。

休みが多いとなると、仕事が溜まり、忙しくなるだけです。

その忙しさは別日に回され、会社に缶詰めになり、経済効果どころではありません。

忙しさが増すだけで、何も生むことがないプレミアムフライデーです。

まとめ

プレミアムフライデーを実施する前は、大企業だけの特権などと言われていました。

ですが、実施している企業が少なすぎて、大企業の特権とも言えないようになりました。

プレミアムフライデーとは一体なんだったのでしょうか?



-仕事