素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

仕事

【仕事】一生懸命サラリーマンの仕事をしても生活が豊かになることはない

2019/01/10

サラリーマンの人が世の中には圧倒的に多いです。

ですが、サラリーマンでお金持ちになれることはありません。

それでもサラリーマンの仕事を頑張らなければならないのは、なぜでしょうか?

なぜ生活が豊かにならないのに、サラリーマンになるのでしょうか?

一生懸命、仕事を頑張らない方が良いのはなぜでしょうか?

スポンサードリンク




サラリーマンとは、こんな仕事

サラリーマンの仕事は、大まかに説明すると、会社の為に働く仕事です。

自分の為ではなく、会社の為に働くというのが、大前提です。

会社が潰れないように働く。

自分の仕事は会社を守ること。

雇われているので、雇い主の命令は絶対守らなければならない。

そんな仕事です。

職種が色々とありますが、全て同じと考えてしまって良いです。

企業の大中小も、ポジションも関係ありません。

会社の為に働くのがサラリーマンです。

生涯雇用ではなくなり転職が当たり前になった

昔と今とで違うのは、一生涯、同じ会社で働く人は少ないということです。

それは一生涯、同じ会社に在籍してもメリットがすくなくなったからです。

会社も従業員を解雇しても、平然と事業を続けています。

珍しいことではないのです。

人員整理の為に、人を見捨てます。

今まで一生懸命に働いていた人を、簡単に切り捨てるのです。

大企業でも、そんなことがおこっているので、会社を信用している人は少ないです。

どうしても信用することはできなくなり、転職を希望する人が増えました。

そんな世の中で、生涯雇用、生涯保障があるから、会社の為に頑張って働こうという人は少なくなりました。

本当に良いといえる会社は少ないのです。

明日も我が身だと思って働いている人が多いのです。

それでも仕事はしなければならない

それでも、仕事をさぼっていると、良いことがありません。

足切りの一番下になってしまうと、すぐにでも切られてしまうかもしれません。

そうならないように、ある程度は働かなければなりません。

そのある程度が難しいのです。

仕事をしなければならないけど、頑張りすぎてはいけない。

頑張らなければならないけど、仕事をしすぎてはいけない。

そんな中途半端な状態で働かなければなりません。

会社を信用してはいけないけど、ある程度は信用しなければなりません。

良い顔をしながら、いつ裏切るかを見ていなければならないのです。

サラリーマンをするのも、実は難しいのです。

使える制度は使って、できるだけ仕事をしない

サラリーマンには使える制度があります。

有給休暇、手当などです。

制度が充実している大企業には、もっと多くの使える制度があります。

会社特有の制度がある所もあります。

美術館に無料で入れる、無料で宿泊できる施設、インフルエンザの予防接種が無料などです。

税金も安く押さえれたり、簡単な手続きで済ますことができたりします。

使える制度は調べないと、わからないことが多いです。

少しでも制度を知り、使える物は使った方が良いです。

まとめ

サラリーマンは、自分以外のことに対して働く仕事です。

一生懸命に働いても、見返りは少ないです。

生活が豊かになることはなく、豊かになるのは会社のオーナーか社長です。

記事下段に並べてアドセンスを表示

スポンサードリンク







-仕事