素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

仕事

【仕事】転職は決断が早ければ早いほど良い理由

売りて市場の中で転職を考えている人は多いです。

企業が人が足りていないということで、優秀な人材を探しているからです。

ライバル企業、取引先の企業など、どこからでも引き抜きの話があります。

そこまでしても人の確保を優先しているのです。

売り手市場が続く限り、転職は早い方が良いです。



転職には年齢制限がある

転職には必ずしも、年齢制限があります。

転職サイトを利用した転職は35歳までの求人が一番多いです。

それはキャリアを築いていく中で、35歳を超えてしまうと難しくなるからです。

転職サイトは一般公募なので、他業種の人も応募してくるから、その年齢になります。

同業他社の場合、40歳前後が最後の転職になります。

40歳を超えると、キャリアを多く積んでいないと、転職が難しくなります。

ただしキャリアを積んでいる場合、退職が難しくなるというリスクがあります。

業界を変えるなら早い方が良い

伸びている業界、伸び悩んでいる業界、いつでも多くあります。

伸びている業界のみで働くのは難しいです。

ですが、伸び悩んでいる業界、縮小することが予想される業界で働くのはどうでしょうか?

会社が儲からないので、給料は上がりません。

それに会社が倒産するリスクが非常に高いです。

その場合、業界を変えた方が良いです。

ただし別の業界に変更するにはリスクがあります。

全くの異業種では採用のハードルが上がるからです。

年齢が低いうちは、なんとでもなります。

年齢が上がってきてしまうと、難しくなってきます。

自分で何をしたいかを考える

自分が何をしたいかを考えるのは、非常に重要です。

人生のらりくらりでやっていると、何も実現できません。

転職先は、給料が欲しい、休みが欲しいなどの何かを基準にすることが大事です。

何かを決めないと、どんな仕事についても上手くいきません。

転職は逃げの選択ではありません。

あくまで今より良い会社に入る為の選択です。

自分が何かをしたい、これを実現させたいというものがないと、難しいでしょう。

転職は少しでも早い方が良い

人生で転職ができる回数は限られています。

5回を超えてくると、どこにも行けなくなります。

その前に転職先を決めた方が良いです。

失敗できる回数は限られているのです。

その中で入社した会社でキャリアを積まなければなりません。

無駄な時間は、ほとんどないのです。

転職をしようと思ったら、すぐにでも行動に出るべきです。

慎重に迅速に行動することが大事です。



まとめ

人生の中で仕事をする時間は非常に長いです。

どうやっても仕事が人生を左右してしまいます。

何をして、いくら稼いでというのが自分のステータスになるからです。

仕事を決めるのは簡単ではありません。

難しいことではありますが、迅速に行動することが大事です。

-仕事