素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

企業

【企業】キャッシュレスオンリーのお店に将来はあるのか?

ファミレスのキャッシュレスオンリーのお店に将来性はあるのでしょうか?

確かにレジ待ちなど、バカらしい時間のロスは多く発生します。

そのロスを考えると非常に便利です。

ですが、キャッシュレスオンリーだと、悪い点もあります。

良し悪し、両方ありますが、将来性を見てみました。



キャッシュレスオンリーのお店が誕生

ロイヤルホストではキャッシュレスオンリーのお店を導入しました。

電子マネー、クレジットカードなどが世の中で異常なほど、使い勝手が良くなっています。

クレジットカードは平均一人3枚は持っていて、電子マネーも1つは使用していることが多いです。

就職すると、クレジットカードは必須になり、最近は色んなお店が独自で発行していることもあり、持つ枚数が増えてきています。

電子マネーも、スイカ、パスモ、イコカなどの交通に使うカードが電子マネーなので、利用者が増えています。

利用者が増えた理由は、電子マネーでの支払いの方が、1円単位で使用できるからです。

現金だと、自販機の入れ替えができず、10円単位に切り上げの場合が多いからです。

利用者が増えているということは、キャッシュレスオンリーのお店があってもおかしくありません。

レジの行列がなく、非常に便利です。

キャッシュレスオンリーのお店の狙い

キャッシュレスオンリーのお店の狙いは、接客重視です。

レジでの無駄な作業が減り、接客に時間をかけることができます。

どうしても、レジでの作業が手間取ります。

お客さんが現金を出すのにモタモタしていたら、それだけで時間が過ぎます。

それをカードタッチだけで済ますことができれば、大幅に時間効率を上げることができます。

接客重視だと、高級店を想像することができ、ファミレスといえど、ランクを上げることができます。

キャッシュレスオンリーの悪い面もある

キャッシュレスオンリーのお店の悪い面もあります。

現金しか持っていない場合、お店に入ることができないです。

キャッシュレスオンリーなので、入り口で追い返されます。

近くの銀行でお金を下ろしても、使うことができません。

チャージ金額を確認していないと、不安な所もあります。

楽天edyのようにスマホのアプリでチャージといくら入っているか確認ができれば、怖い物はありません。

ですが、そんな人はまだ数が少ないです。

チャージ・支払いをするにも、電波が悪いから支払いにモタモタするなどのこともあり、まだ完ぺきとは言えません。

将来性はある

クレジットカード、電子マネー共に、使用率は上がっています。

今は対応する時期が早いこともあり、入店者を選びます。

高齢者で、クレジットカード、電子マネーを持っている人は少ないです。

子供も持つことができないため、入店はできません。

そのこともあり、サラリーマンが多い馬喰町での開店となったのでしょう。

今の世代が高齢になった時には、キャッシュレスオンリーのお店は増える余地はあります。

人手不足ということもあり、人がいないから開店できないというお店も増えています。

キャッシュレスオンリーにすることで、確実に手間が減るので、人手不足を少しでも解消するには良いです。

まとめ

キャッシュレスオンリーはこれからの時代に必要な物になってきます。

人手不足は作業の効率化で解消をするしかありません。

ITの発展で、少しづつは解消に向かっています。

外食産業は、どうしても人の手が必要です。

それがキャッシュレスフリーで解消されれば大きな一手になります。



-企業