素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

企業

【企業】電子タグ採用で無人レジがもう少しで実現する

2018/02/19

企業の人の問題が増えてきています。

各企業とも、人が足りない、人が採用できない問題です。

人がいないので、会社が動かせないようになってきています。

人件費削除、必要な人を減らす努力として、電子タグを採用した無人レジの構想があります。

これが採用できれば、無人レジまでもう少しで実現します。



無人レジとは?

無人レジとは、無人でお会計をし、全自動にすることです。

これが実現できれば、レジ待ちの大行列がなくなり、買い物がスムーズになります。

企業もレジのパートの人件費がまるごとカットでき、企業としてもメリットがあります。

無人レジの構想は数年前からありました。

レジはスーパーなどの小売店では、非常に問題になっていたからです。

大行列のレジ、打ち間違いなどのミス、近年の人の不足などです。

無人レジが実用化されれば、非常にメリットがあることなのです。

アマゾンでは自動会計システムが進んでいる

アマゾンでは実店舗でも、無人会計システムが進んでいます。

スマホでの買い物や、POsを使った買い物です。

アメリカではすでに実験している店舗があるなどの噂もあります。

それだけレジの自動化は、どの企業も興味を示していることです。

何事もスムームに進められるのは便利なことです。

世界的な大企業のアマゾンでも、そんな構想があります。

日本でも、もちろん進めたい話であることは間違いありません。

半自動のレジはすでの存在している

全自動のレジは、テストを除いてまだ世の中にありません。

ですが半自動のレジは世の中に存在します。

レジ待ちを少しでも減らそうということで、採用されたパターンです。

品物のスキャンのみ店員がやり、お会計は個人で対応するものです。

間違えてはいけないのはレジのスキャンです。

確かにスキャンのみ人が対応すれば、あとは問題ありません。

お金は個人が払えば問題のないことです。

できないことをできる時代へ

今までできなかったことが、できる時代へと変わってきています。

無人レジの構想も同じことです。

半自動のレジが導入されたのも、近年のことですが、時代はさらに進化しています。

できないと思っていたことが、できる時代に変化しつつあります。

ITの進歩は、世の中の進歩でもあります。

20年前はスマホは世の中にありませんでした。

それが今では当たり前の物になり、必要不可欠のものになっています。

時代は進化しています。

まとめ

時代が進むのは、非常に速いです。

今まで問題だと思っていたことが、問題なくできるようになってきています。

それが時代の変化です。

新しい物は苦手と思わず、理解することが大事です。

苦手な物を苦手なままにしておくと、時代に取り残されます。

時代についていかなければなりません。



-企業