素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

企業

【企業】音楽ショップの店員がプレスリーを知らなくて良いのか?

2017/05/20

音楽ショップなどの専門店の店員が、プレスリーなどの有名歌手を知らなくて良いのか?

タワーレコードなどの大型ショップでは、知っていて当然だと思います。

ですが、小さなショップだと、知らない店員がいます。

はたして有名歌手のことを知らなくても良いのでしょうか?



専門店の意味がないショップ

エルビスプレスリーは70年代の超有名歌手です。

若い世代では有名ではないですし、そもそも故人ですので名前は知らないかもしれません。

ですが、それは一般的な話です。

あくまで専門店の中では、エルビスプレスリーを知らない方がおかしな話です。

取り上げられ方も、昔とは違い、今では小さな取り上げられ方しかしていません。

それでも、超有名歌手ですので、数年に1回はアルバムが出ていて、本でも取り上げられています。

ジャンルもコアなジャンルではなく、ロック・ポップなどの誰でも聞くようなジャンルです。

それを専門店の店員が知らない時点で、異常です。

ビジュアル系ショップなどでは別の話

ただし例外はあります。

音楽ショップえはありますが、ビジュアル系などのジャンルを絞った専門店です。

その中では、プレスリーどころか、ビートルズの取り扱いもないはずです。

そこに行き、プレスリーのことを聞いても、別の物が出てきてもおかしくはありません。

エルビスプレスリーと言われても通じないのは、しょうがないことです。

ですが、それ以上に有名な歌手ですので、音楽のルーツとしては別の話です。

故人を知るには限度はある

エルビスプレスリーといえど、故人です。

現在進行形でテレビに出演しているわけではありません。

故人は自分で情報を取らなければ、知ることはできません。

数年に1回の雑誌の発売があっても、本屋に行かなければ売っていることさえ知らないはずです。

それを知っていて当然というのも、無茶なはなしかも知れません。

それでも、超有名歌手は次元の違う話です。

それだけ有名人で、音楽が好きで専門店で働いているので、知っていて当然です。

音楽好きには当たり前のプレスリー

エルビスプレスリーとは音楽のルーツのような人です。

音楽の基礎を作った人で、影響力も異常なぐらいあります。

そのプレスリーを知らないのは、音楽好きではない証拠です。

それだけ有名人なのに、音楽の専門ショップの店員が知らないのは異常というしかありません。

まとめ

専門店恵働くには、基礎知識は必要です。

誰でも働くことができないのが、専門店です。

お客さんもそこを求めて買いに来ています。

それがなければ、売ることはできないはずです。



-企業