素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【健康】コンビニ弁当のプラスチック容器の恐怖

2016/12/03

コンビニでお弁当を購入して、食べたことがない人はいないと思います。

コンビニ弁当は健康に悪いなどと、ニュースで取り上げられていることはありました。

健康に悪い理由を食品面ではなく、容器面から考察しました。



容器の種類

コンビニ弁当の容器には、2種類存在します。

*PP 耐熱温度:110℃から130℃

*PS 耐熱温度:70℃から90℃

容器の判別の仕方は、注意書きの所に「PP」「PS」などの表記があります。

PPもPSも汎用プラスチックと呼ばれる種類で、安い素材です。

コンビニ弁当は大量に出るので、安い素材を使用し、作っています。

電子レンジの問題

コンビニ弁当の容器で問題なのは、電子レンジです。

あくまでも容器の話なので、食品に関してではありません。

電子レンジに容器と一緒に入れると、容器が熱で溶けていることはありませんか?

実は、その溶けているのが大問題なのです。

電子レンジに使用できる容器は決まっています。

耐熱の関係で使用できない物もあります。

先に上げた「PP」「PS」の2つは、「PP」のみ使用できます。

ただし、実際の容器で多く出回っているのは「PS」です。

容器が溶けると、なぜ問題なのか?

容器が溶けると、環境ホルモンが分泌されます。

この環境ホルモンですが、発がん性物質を含み、非常に危険です。

「ただちに影響はありません」が多く摂取すると、がん、アトピーなど、人体に影響も与えます。

日本人にがんが多いのも、アトピーが増えたのも、環境ホルモンが影響を与えていると言われています。

さらに生殖器にも影響を与え、精子が少なくなる、子供が作りにくくなるなどの問題も出てきます。

PSとは?

PSとは汎用プラスチックの1つです。

PPよりも単価が安く、手に入りやすい素材です。

特徴は、燃やしても臭いがしません。

この匂いがしないことが問題です。

電子レンジでPSの容器が溶けても、臭いがしなければ、溶けていることに気が付きません。

いつの間にか、PSを口にしているということは大いに考えられます。

まとめ

コンビニ弁当は、非常に便利ですし安価で購入しやすいです。

ですが、危険なことも多いことは理解しておいた方が良いです。

容器の問題に関しては、「PS」ではなく「PP」の容器のお弁当を購入する。

別の容器に移してレンジを使用するなどの対策ができます。

健康を長く維持するには、少しの違いが大事になってきます。



-生活・健康