素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【健康】利き手を使いすぎると体が痛くなり腰痛や頭痛の原因になる

2019/01/07

人には誰でも利き手というものがあります。

利き手を使った方が、何をするにもスムーズにすることができます。

使い慣れた手を、どうしても使ってしまい使う頻度が多くなってしまっていませんか?

気が付かないうちに、体の一部分が痛くなり始めていませんか?

放っておくと、腰痛や頭痛の原因になり、常に痛くなります。

利き手を使い過ぎたら、実はダメなんです。

スポンサードリンク




誰にでも利き手、利き足、利き目がある

誰にでも、利き手、利き足、利き目があります。

左右どちらにでもある体の一部は、利きがあるのです。

得意、不得意が手以外にもあり、どうしても利きの方を使ってしまっています。

無意識のうちに使っているので、たくさん使っているという認識は、誰にもありません。

それが怖いのです。

やはり得意な方、使い勝手が良い方を使う頻度が多くなってしまいます。

物を取るのに、わざわざ使い慣れない手を使う人は少ないはずです。

使い慣れた手で物を取る人が多いはずです。

手だけではなく、足も目も一緒です。

使う頻度は利きの方が圧倒的に多いです。

利き手を多用すると体のゆがみの原因になる

利き手を使うことは、問題ではありません。

ただし、多様すると問題が発生してきます。

右手ばかりに重い物を持つ。

右手ばかりに細かい作業をする。

それが足にも目にも同じことをさせている。

それを繰り返すと、体のゆがみの原因になります。

利き手ばかり使うと、理由は同じ態勢になってしまうからです。

バックを片方の肩に、ずっとかけていたらいけない。

そんなことを聞いたことをある人もいるでしょう。

それは体のゆがみの原因になるからです。

同じ利き手ばかり使っていると、その場面は楽ですが、後々に問題が発生します。

筋肉の付き方も大きく違う

同じ利き手ばかり使っていると、筋肉の付き方が違ってくるのです。

当たり前ですが、人間の体は左右がアンバランスです。

心臓の位置が真ん中にありません。

それに、利き手を多用していると、筋肉の付き方が違ってくるのです。

それがねじれになり、体のゆがみの原因になります。

整体マッサージに行ったことがある人は、言われたことがあるはずです。

左右同じように使うのが理想的です。

どうしても利き手に頼ることが多いです。

ですが、利き手ではない得意ではない方の手も、意識して使ってみてください。

体のゆがみは腰痛・頭痛の原因になる

体のゆがみを放っておくと、腰痛・頭痛の原因になります。

あまり意識したことがないかもしれませんが、人間の体は頭の先から足の先までつながっています。

頭痛がするという原因が、頭にない可能性もあるのです。

それが大きく見ると、体のゆがみが原因かもしれません。

体のゆがみを取り除いた、利き手ではない方の手を意識して使っていたら治った。

嘘みたいなことかもしれませんが、本当の事です。

体のゆがみは、色んな所に影響を与えます。

頭や腰に痛みがある場合、色んな所を疑ってみる方が良いかもしれません。

頭痛薬を飲んで痛みを止めるだけではなく、他にも原因があるかもしれません。

created by Rinker
¥1,620 (2019/03/24 08:19:05時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

利き手は無意識のうちに、多用してしまいます。

その方が普段の生活が楽だからです。

ですが、それを続けていると、急に利き手の肩が痛くなったりします。

神経が圧迫されたりと、なにかしらの不具合が出てきます。

マッサージをしたり薬を飲んでやり過ごすのも手ではあります。

ですが、体のゆがみなどの大きな部分を改善しないと、根本的な問題解決にはなりません。

記事下段に並べてアドセンスを表示

スポンサードリンク







-生活・健康