素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

季節

【季節】コミュニケーションを円滑にする義理チョコは必要なのか?

2017/01/23

バレンタインデーに困るのが、義理チョコです。

本命は真剣に作り、本気のチョコを渡せば良いですが、義理は悩みます。

そんな義理チョコですが、意味はあるのでしょうか?



バレンタインデーとは?

想いを寄せる女性が、男性に対して、チョコレートを贈るというイベントをチョコレートメーカーである「神戸モロゾフ製菓」が始めたイベントです。

そのイベントが大当たりし、1936年以降に続いているイベントです。

最近ではカレンダーにまで「バレンタインデー」と書かれているものがあるほど、定着しています。

バレンタインデーができる前は、女性から男性に告白するという風習がなく、2月14日だけは、それが公に認められる日です。

バレンタインデーをモチーフにした、ドラマ、漫画、音楽なども多く登場し、定着具合が伺えます。

義理チョコの存在

バレンタインデーは本命の人にチョコを渡す日です。

本命以外にはチョコを渡さないですし、渡しているのがわかると本命だということがわかります。

それはあからさまだろうということで、「義理チョコ」というものが流行りました。

義理チョコは誰でも渡してもよいチョコで、友達でもクラスメートでも、誰にでも配ります。

義理チョコを配ることで、本命をカムフラージュできるのです。

義理チョコでももらえた人は、チョコレートを貰えたという気になるので、お互いにとってメリットがあるのが義理チョコでした。

友チョコなどの存在

義理チョコが流行ると、新たに「友チョコ」というのも出てきます。

友達に渡すチョコレートのことで、コミュニケーションを円滑にさせるのが目的のチョコレートです。

友チョコという名前はwikipediaに掲載されるほど、有名なものではありませんが、検索すると誰でも知っているものです。

友チョコという言葉がなくても、女性同士でチョコレートを交換する文化があったので、それを言葉にしたのが友チョコです。

義理チョコ自粛

義理チョコ、友チョコなどはコミュニケーションを円滑にするのが目的のチョコレートです。

これは考えてみれば強制的に渡さなければいけないというルールになります。

女性全員がチョコレートを男性・女性に渡す異常なルールになります。

はたして、それは意味のある行為なのでしょうか?

お正月は年賀状を送るに近い文化になります。

しかもチョコレートは金額や手作りなどの違いがあります。

その過熱化を異常と判断した企業がバレンタインデー自粛を打ち出す企業もあります。

確かに、1人だけチョコレートを渡さないなどとなれば、村八分になる可能性もあります。

まとめ

バレンタインデーを始めたばかりの頃は、楽しいイベントでした。

国民のイベントとして定着し、チョコレートを渡すという画期的な面白いシステムです。

それに対して男性側は、貰えるのか、貰えないのかでドキドキし、友達と「何個貰った」などのことを話す新たなイベントです。

それが時代が進み、良くない方向に進んでいます。

コミュニケーションのツールとしては最適ですが、いきすぎるとパワハラになります。

ルールを初めに戻せば面白味はありますが、それも難しいでしょう。

結果的には、義理チョコは必要なしと言わざるを得ません。



-季節