素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

学校

【学校】いじめを特定するのに探偵が非常に便利

学校に通っていると、必ず遭遇するものは、いじめです。

いじめはどの学校でも必ず存在するものです。

良くも悪くも、いじめは存在することは事実です。

その事実を否定せず、どうやっていじめを特定するのかが問題です。

今では新しい方法として、探偵を使う方法があります。



いじめは年間に30万件起こっている

いじめは全国の年間で30万件起こっています。

年間の日数で割った場合、821件が1日で起こっているいじめの数です。

出席日数で割った場合、もっと数は増えます。

ですが残念なことに、この数字は特定されている数字のみです。

特定されていない、報告されていないいじめは、もっと数が多いはずです。

ドラマなどでよくあるシーンは、いじめの報告をしたら自分の査定が下がるという教師の言い分です。

おそらく本当のことでしょうが、そんなことがあれば、30万件以上の数があることは想像がつきます。

いじめを特定するのは難しい

いじめを特定するのは非常に難しいです。

被害者が加害者に圧力をかけられて、報告できないからです。

報告された先生も対応しないなどのことがあると、公にならず、いじめを特定するのは困難です。

少しでもいじめを受けたことがある人はわかると思いますが、被害者が「いじめられています」というのは勇気が必要です。

そもそも、その勇気がないからいじめられているわけで、そんな声を上げることは不可能です。

いじめは周りが気がつき、特定をしてあげないといけない問題になってくるのです。

いじめの事実がないと誰も動いてくれない

いじめは残念なことに、事実がないと誰も動いてくれません。

被害者はいじめを報告できない。

先生はいじめの事実が確実でないと注意できない。

警察は証拠がないと捜査をしない。

世間では、いじめの事実確認、証拠を集めるのは非常に難しいです。

ですが、いじめがひどくなると、暴力、恐喝、殺人、自殺などと、ネガティブなニュースしかないです。

それでも、小学校6年間、中学校3年間、高校3年間と耐えることが可能なのでしょうか?

いじめは事実を集めることが最優先事項です。

探偵は非常に便利

いじめの加害者を特定するには、探偵は便利です。

お金を支払えば、探偵は動いてくれます。

自分の子供がいじめられていることに気が付き、できることと言えば、先生に訴える方法ぐらいしかありませんでした。

ですが、今では探偵を使って、事実を集めることができます。

事実さえあれば、学校に責任を取らせる、警察に動いてもらうこともできます。

明らかな恐喝や暴力の事実があれば、未成年でも警察は動きます。

犯人を特定することは探偵にお願いをすれば、簡単なことです。

問題の料金ですが、8万円から20万円が相場のようです。

もちろん見積りを取れますし、日程によって、金額も変わってきます。

無償の探偵事務所もあるので、相談した方が良いです。

まとめ

いじめは子供の将来に関わってきます。

事実を早めに明らかにして、対応する方法が良いです。

お金には代えられないものが、いじめによって失われるかもしれません。

それに、事実確認さえできれば、法的に訴える方法も可能かも知れません。



-学校