素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

教育

【教育】育った環境の違いにより、性格や人格に大きな差が出てくる

2018/10/29

人の性格や人格は、子供の頃に形成されると言います。

子供の頃ということは家庭環境が大きく影響されています。

家庭環境が悪い人は、悪い育ち方をします。

その逆もあります。

その差は、どれくらい影響が出ているのでしょうか?



育った環境が違う

育った環境が違うということで困るのは、団体生活の時です。

学校、会社などはもちろん当てはまります。

それに、結婚後の生活にも影響があります。

どうしても長時間一緒にいると、人の地が出てきます。

性格や人格は人の地の所なので、隠すことができません。

それが育った環境により、大きく違うのです。

環境の違いがあるので当たり前が全員違います。

その違いが大きな差になってくるのです。

家庭環境の悪さは大人になってからわかる

家庭環境の悪さは、大人になってからわかることが多いです。

どうしても地に出ているので隠し切れないのです。

それに、性格や人格は人相にも出てきます。

顔を見ただけで性格がわかってしまうのです。

それがあるので、付き合いにくい人なども出てきてしまいます。

どうしても自分と合わない人がいる場合、そのようなことが影響していることがあります。

人の雰囲気は、人の性格を表します。

どうしても、隠すことができないので認めるしかないのです。

貧乏な家は貧乏な人

貧乏な家に生まれた人は、貧乏になることが多いです。

それはお金の使い方、稼ぎ方などをしらない為です。

親が知らなかったので、子供に教えることができなかったのです。

子供も知らないので、貧乏が当たり前になります。

付き合う人も同類が集まるので、抜けられない状況になります。

そのような難しい問題は、一族で引きづる場合が多いのです。

人格・性格は親譲りのことも多いです。

自分は家庭環境の被害者

結局、自分の性格や人格などは、海底環境から生まれた物です。

その話が大きくなると、自分は家庭環境の被害者かも知れません。

貧乏で性格が悪いなどは親から譲り受けた物ですし、環境も親からの物です。

無難に生きていたら、親と同じように生きることになります。

どうしても今の環境を脱出することができないのです。

被害者だと思って生活をしていたら、それは一生続きます。

生まれ変わらないと、逃げようがないのです。

その環境を変えるのは認めるしかありません。

認めたうえで、どう行動するかです。

自分を変えるには自分しかないのです。



まとめ

育った環境で性格や人格は大きく差が出ます。

それを認めずに生きていたら、何も変わりません。

結局は、自分がどう変わりたいかだけです。

-教育