素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【生活】転勤などで地元に帰ればくなってしまう人がいる

社会人になったら転勤はつきものです。

大手に入れば、支社が多くあり、いつ、どこに転勤になるかわかりません。

日本全国、または世界のどこかに来月にいく可能性はあります。

転勤を断ることも難しく、言われた時点で行かなければなりません。

転勤をしてしまったら、地元に帰れなくなる人がいます。

そんな特殊な人は転勤は断った方が良いです。



結婚していない人

高齢で結婚していない人の転勤は悲惨です。

ほぼ解雇に等しい転勤とみて、間違いはないかもしれません。

高齢で結婚をしていない場合、地元に帰れる可能性は少ないです。

しかも、お正月、ゴールデンウィーク、夏休みなどの長期休暇も帰ることはできなくなります。

それは地元に家がない場合が多いからです。

両親はすでに他界していて、帰れません。

結婚をしていないので、家族がいません。

帰る必要がないのです。

距離の問題

移動距離が長いと、交通費がかかります。

東京と大阪の新幹線の交通費だけでも、往復で約3万円かかります。

交通費はバカにならない出費です。

それが九州に転勤、北海道に転勤、海外に転勤の場合、どうでしょうか?

往復ですごいお金がかかります。

帰省の移動費が出る企業なら、気にする必要はありません。

ですが、出ない場合、ボーナスの大半を帰省の移動費に充てることになります。

地元に帰るのが非常に厳しいです。

チケットが取れない

大型連休の場合、チケットが非常に取りにくいです。

新幹線、飛行機など、とにかく混んでいて、非常に取りずらいです。

結婚をしていなくて、一人だったら、適当な空いている席を取れば問題ありません。

ですが、家族で移動の場合、3人席、4人席が空いているかもわかりません。

その場合、早めに予約をしなければならないのですが、休みが前もって決まっていますか?

確実にその日から休めるのでしょうか?

仕事によって違いますが、わからない人はわからないはずです。

ギリギリだとチケットは取れないです。

非常に難しい問題です。

地元ですることがない

地元に帰って何をしますか?

親の顔を見る、友達と会うなどのことが多いはずです。

ですが、親や友達がいない場合、帰る必要があるのでしょうか?

親や友達がいない場合、地元に帰ってもすることがありません。

何もやらないのなら、地元に帰る必要がありません。

転勤先の家で過ごしても変わらないはずです。

地元に帰っても、やることがない人は多いです。

なにもなくて結局、セールやパチンコに行ったりする人も多いです。

帰省は本当に意味があるのでしょうか?

まとめ

帰省することは日本の風物詩のようなものです。

民族大移動、その日に移動する必要がないなど、毎年反対する人はいます。

確かに決まった日に、日本全国民が移動する必要はありません。

中には帰省しても、やることがない人もいます。

帰省するのも考える必要はあります。



-生活・健康