素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

雑学

【雑学】深刻なペットロスに立ち向かうには?

2018/01/31

ペットブームの裏側にあるペットロス。

ペットが流行れば流行るほど、裏側は濃くなります。

裏側の話は中々、表には出てきません。

今回は裏側の話に迫ります。

寂しい想いでペットを飼って、ペットロスに陥る人が増えています。

その打開策はあるのでしょうか?



ペットロスとは?

ペットロスとは、ペットが亡くなった時に陥る症候群です。

〇〇ロスという言葉は、最近になって流行りだしています。

ロスの出だしは、ペットロスが濃厚なぐらい、多いロスです。

ペットは寂しい人が飼うことが多いです。

一人暮らしが寂しい、子供がいなくて寂しいなどの理由は様々ですが、共通点は寂しいことです。

その寂しさを埋めるために、ペットを飼います。

ですが、ペットを失くした時に思うのは、寂しさです。

しかも、何倍もの寂しさになります。

それがロスです。

対処法①:別のペットを飼う

対処法で有力なものは、別のペットを飼うことです。

ペットを飼っている人の共通点は、寂しさです。

寂しさに対しては、別の物で穴埋めをすることが一番良い方法です。

ペットが亡くなって、次に似たようなペットを飼うことが多いのは、その理由です。

ペットロスがひどい人の場合、名前まで同じにします。

そうすることで、ロスを極端に減らすことができます。

対処法②:別の趣味を見つける

ペット以外の別の趣味を見つけることも、非常に効果的な対処法です。

ペットに頼りすぎるから、ロスになる可能性が高いのです。

別の趣味があれば、被害は1/2です。

ペット依存度が減り、ロスになる可能性が低くなります。

ロスになってしまうと対処が難しくなります。

ロスになる前に、少しでも別の趣味に割く時間を作る事です。

それが対処法になります。

対処法③:ペットに関するものを持っておく

ペットに関するものを持つことも対処法の1つです。

例えば、遺骨を持つことです。

遺骨を持ち、毎日家でお墓参りをするのです。

ペットの骨を持ち歩くのも手です。

大事なペットと、いつでも一緒の気持ちになれます。

骨でなくても、首輪などのアクセサリーでも効果はあります。

持ち物も大事な物です。

ペットロスを、そうやって紛らわしている人は大勢います。

まとめ

ペットロスは、精神的な病気です。

それを認識しなくては、何も進みません。

ペットロスになり、何もやる気が出ない。

大勢いますが、それを乗り越えないと、ペットとっても迷惑です。

忘れないでいてくれるのは嬉しいかもしれません。

ですが、ご主人様のダメになっていく姿をみるのも嫌な物です。

ペットを振り切って、新しい生活に挑みませんか?



-雑学