素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

雑学

【雑学】緑のおじさん(駐車監視員)に狙われやすい車は?

2018/01/30

通称緑のおじさんに駐車違反を取られた人は多いはずです。

駐車違反の取り締まりを、しっかりしている証拠です。

以前は駐車違反が多く、道が狭くなっていたなんてことも多かったです。

ですが、緑のおじさんのおかげで安全に道を走ることはできるはずです。

緑のおじさんに駐車違反を狙われやすい車は、どんな車なのでしょうか?

駐車違反が悪いとわかっていても、停めなければいけないことはあります。

それを知っていた方が有利になります。



緑のおじさんとは何者?

駐車違反を取る、通称緑のおじさんとは何者なのでしょうか?

このおじさんのおかげで、駐車違反を取られた人は多いはずです。

街の中を周っていて、駐車違反を取りまくるのが仕事のようですが、何者なのでしょうか?

正式名称は、駐車監視員です。

仕事内容は駐車違反を取り締まることです。

主に警備会社が警察から委託されて、駐車違反を取り締まっていることが多いです。

警察で1日から2日程度の講習で、駐車監視員になれます。

非常に緩い条件の様です。

駐車監視員のノルマは?

駐車監視員のノルマは非常に緩い様です。

1件も検挙できなくても、罰則などはないようです。

逆に何件も検挙しても、報酬などもなく、ほとんど任意だけで動いています。

ただし、1件も検挙できないと、周りからの視線は冷たいなどの身内のものはありそうです。

通常通り回っていれば、1件も検挙できないことはなく、数件は1日のうちに検挙できるそうです。

それだけ、駐車違反を捕まえることは容易いようです。

個人のノルマはなくても、会社としてのノルマはあるかもしれません。

会社は警察から委託として仕事をうけているので、検挙できないとお金になりません。

それに成績が悪いと業者を変えられるかもしれません。

それを考えると、最終的には成績が大事です。

どんな人が狙われる?

駐車違反に狙われやすい人は、簡単に検挙できる人です。

間違えて検挙してしまったら、問題になります。

それとは逆に簡単に検挙できる時は、成績になります。

明らかに駐車違反の車は検挙しやすいです。

例えば、すぐに戻りますの張り紙をしている車です。

これは、車に人がいないことをアピールしているようなものなので、簡単に検挙できます。

駐車監視員は年配の人が多いです。

トラブル事は避けたいはずなので、簡単に検挙できる車を狙うことが多いです。

駐車違反が厳しすぎて検挙される可能性が高い

車から少しの時間でもドライバーがいなくなれば、検挙されます。

駐車違反が、そのようなルールに変わっています。

クロネコヤマトなどの運送会社は、必ず2名体制で車に乗っています。

1人が荷物の積み下ろしや、配達を担当し、もう1人が車の中にいます。

そうすることで、駐車違反を取られないようにしているのです。

運送会社は駐車違反を取られてしまったら仕事になりません。

駐車違反が監視員ができたため、非常に厳しくなっています。

以前は5分以内なら車を離れても大丈夫などの暗黙のルールがありました。

それが今では一切通じないようになっています。

まとめ

駐車違反の検挙率が上がっています。

駐車違反のルールも厳しく、駐車ができないような状況です。

その変わりにパーキングが増え、パーキングに駐車する人も増えました。

道路は運転しやすくなりましたが、車の利便性は下がりました。

駐車違反にならないように、少しでも捕まる可能性を下げましょう。



-雑学