素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

飲食

【飲食】ペットボトルのコーヒーがゴリ押しされてるけど、そんなに流行ってる?

2018/12/03

今年に入って、ペットボトルのコーヒーがゴリ押しで売り出されました。

コンビニでは一番見える所、スーパーでも山積み。

今までとは少し変わった趣向のペットボトルコーヒー。

でもそんなに流行ってるの?

今でも飲んでいる人はいるの?

スポンサードリンク




ペットボトルのコーヒーは今まで注目されていなかった

ペットボトルのコーヒーは昔からありました。

一番目についていたのが、280mlのホットのペットボトルのコーヒーです。

それなら誰でも見かけたことがある人は多いはずです。

昔からペットボトルのコーヒーは市場にあったんです。

ただ目につかなかった、気にしなかっただけです。

それが今になって、ペットボトルのコーヒーを売り出すようになりました。

コーヒーブームというほど、今ではコーヒーを飲んでいる人が多いです。

それもテイクアウトで、持ち運んでいる人が多いです。

企業がそこに目をつけ、ペットボトルのコーヒーを売りだしてきたのです。

ペットボトルコーヒーのメリット

ペットボトルコーヒーのメリットはあります。

今まで500mlのコーヒーと言えば、缶コーヒーでキャップがついているものが多かったです。

なぜかコーヒーというと、缶になってしまうんです。

缶だとキャップを閉めにくいことがあります。

ズレがあり、締まりにくいのです。

それに荷物が重くなります。

どうしても缶だと重くなってしまうのです。

ペットボトルだと開け閉めが楽で、持ち運びも軽いです。

味が好きという人も多いですが、持ち運びに便利なのは非常にメリットです。

ペットボトルコーヒーでデメリット

デメリットはなんと言っても、ペットボトルにしても変わらないです。

缶かペットボトルで選んでいる人は少ないです。

そこにコーヒーがあって美味しければ、問題ありません。

スタバ、コンビニのコーヒーが流行っていますが、そもそも美味しいからです。

缶コーヒー、ペットボトルのコーヒーなどは、キャップの開け閉めをする時点で味が損なわれます。

長時間かけてコーヒーを飲む人がどれほどいるのでしょうか?

デメリットの前に、需要が問題です。

本当に必要あるの?

ペットボトルのコーヒーが売りだされ、飲んでいる人を、そんなに見かけません。

確かに持ち運びでコーヒーを飲んでいる人は、軽くて丈夫なペットボトルは便利です。

ですが、味にこだわる人は、スタバ、コンビニコーヒーなどの持ち帰りを選びます。

お金を気にする人は、自宅でコーヒーを水筒に入れてきます。

社内でコーヒーを飲む人は、インスタントの方が断然安いです。

そこにペットボトルのコーヒーの需要はどこにあるのでしょうか?

飲む人を意外と見かけないのは、需要の問題ではないでしょうか?

created by Rinker
BOSS(ボス)
¥2,832 (2018/12/11 11:10:36時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ペットボトルのコーヒーが大々的に売り出されました。

ですが、飲んでいる人が少ないように思えます。

そもそも需要があったのか疑問に感じます。

記事下段に並べてアドセンスを表示

スポンサードリンク







-飲食