素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

飲食

【飲食】飲食店の予約の当日に誰も来ないのは犯罪ではないのか?

2017/12/19

忘年会、新年会のシーズンには、お店の予約が混みます。

日程によっては、なかなか予約が取れないなどのことがあります。

人気店は予約の取り合いになり、少しでも良いお店で忘年会・新年会をしたいはずです。

人気ないお店に、とりあえず予約をして、希望のお店の予約が取れたら、変更するなんて幹事もいます。

そうしていると、予約をキャンセルするのを忘れてしまうこともあります。

予約の当日、誰もお店に来ないのは犯罪ではないのでしょうか?



当日に来客しない人が多い

当日に来客しない人は非常に多いです。

お店を探すのが非常に簡単になり、予約も非常にスムーズにできます。

その日に空いているかは、瞬時にわかり、そのまま予約をすることができます。

お店に電話をしなくても、ネットだけで簡単にできるのは非常にメリットがあります。

ただし、簡単になりすぎてしまっているため、予約した感じは、あまりありません。

登録しただけで予約ができるので、当日に行かなければならない感じは、特にありません。

そんな人が多いので、当日に来客しない人が増えています。

電話のみで予約を受け付けるお店にも問題がある

当日にお店に行かない人は非常に悪いです。

ですが、予約を受け付ける時に、電話のみなどで受け付けるお店にも問題はあります。

今は予約当日に来ないということが明るみに出ていて、昔からはありました。

恐らく、件数は今よりも多かったと思います。

予約に手間がかかるのと、今よりも忘年会・新年会をやる人が多かったからです。

端からお店に電話していき、予約が取れたお店で行うということをしていたのは、簡単に想像ができます。

そんなやり方をしていたら、当日に来ないなんてことは、ザラにあったはずです。

昔からある風習を変更しないのは、お店にも問題はあります。

前金と言われて、支払う人はどれくらいいるのか?

当日に来客しない人の対策として、前金という方法もあります。

これを導入して、上手くいっているのはホテルの予約です。

クレジットカードで予約をして、当日に来なかったら100%支払わなければならない制度です。

支払いを済ませていれば、行かないわけにはいきません。

そんなことが理由で、当日に来ない人は減ったはずです。

ですが飲食店の場合、前金制度が通用するのでしょうか?

人気店なら、わかる気はします。

ですが、一般のお店で、そんなことはできないはずです。

前金と言われた時点で、予約すらもしない人は多いはずです。

ブラックリストがある

あまり大々的には出ませんが、ブラックリストはあります。

予約して、当日に来なかった人に対してのリストです。

名前、電話番号などが記入してあります。

もちろん昔からある制度ではあります。

今は進んでいて、飲食店でブラックリストを共有しています。

この電話番号からの予約は受け付けない、この名前は注意などのことが事前にわかります。

このおかげで、お店側も対策ができるようになりました。

まとめ

予約をしていて、当日に来ない人は多いです。

個人店で貸し切り規模の予約をキャンセルされると、非常に厳しいです。

食料ももちろん、人件費も高額になります。

このような場合、請求できる制度を作った方が良いです。



-飲食