素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

Webサービス

【Webサービス】Yahooに異常に繋がりにくい理由

Yahooが異常に繋がりにくいです。

検索でYahooを使用していたら、トップページに繋がらないので検索ができません。

最近、Yahooは異常に繋がりにくくなっています。

なぜ繋がりにくくなっているのでしょうか?

理由を調べてみました。



検索でYahooを使用している割合

Yahooを使用している人は日本国内でも減ってきています。

*Google 67.24%

*Yahoo 25.15%

*Bing 6.95%

*Baidu 0.33%

*DuckDuckGo 0.07%

圧倒的にGoogleに負けています。

以前は誰もが検索はYahooを使用していましたが、近年は2倍以上の差をつけられています。

検索の便利さでは、ほぼ変わらないのに、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?


Yahooは繋がりにくい

検索にイメージは非常に強いです。

ネットを使用していて、待たされるのは非常にストレスになります。

検索でも1分繋がらなかったら、検索は続けません。

それと同様に、トップページなどの繋がらなかったら、別の検索を使います。

繋がりにくいというイメージは非常に大切で、数年前からYahooは繋がりにくいというイメージがあります。

そのイメージ通り繋がらなかったら、Yahooを使用するのを辞めます。

「この検索方法でないとダメ」という考えの人は少ないです。

検索できれば何でも良いという人が多いので、イメージは大切です。

Googleの便利さに完敗

検索はGoogleを使用している人が多いです。

世界のシェア率を見ても、Googleが圧倒的です。

検索以外にも、メールなどの機能が充実しています。

ツールの充実さに差があり、ツール目的でGoogleを使用している人も多いです。

Yahooには、そんな便利な機能はなく、メールぐらいです。

数年前から機能は放置されていて、満足に使える新機能ができることもありません。

その差が完敗までいってしまって、勝ち目が一切ないような状態になってしまいました。


Yahooは何も保証しない

Yahooのイメージは何も保証がないことです。

メールにしても、機能にしても、何も保証しません。

それでいて、繋がりにくく、仕事でメールを使用していたら、連絡の取りようがなくなります。

そんなYahooを使い続ける人はいるのでしょうか?

そんな疑問が誰にでもあり、Yahooのシェアが異常に減っているのです。

改善をしないので、信用がないのです。

まとめ

Yahooの検索は繋がりにくいので、非常に不便です。

繋がりにくくても改善点もなく、数か月放置などあります。

そんな検索を使用しつづけることはありません。

シェアが大きいGoogleが流行る理由は、その差にあります。

Yahooも少しはGoogleを見習って欲しいです。



-Webサービス