素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

飲食

【飲食】コンビニコーヒーの魅力 総合編

2016/12/03

コンビニでコーヒーを売り始めて、どれくらいたったでしょうか。

始めの内は、「コンビニでコーヒーを買って、会社や自宅で飲むの?」だったんですけど、今では当たり前のようにコンビニで買って、会社でも自宅でも飲んでいます。

この記事を書いている、今も飲んでいますし。

自宅近辺には、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルKサンクスがあり、どこでコーヒーを買えば得かを考えたりします。

売れに売れまくっているコンビニコーヒーの魅力に迫っていきます。



そもそもコンビニコーヒーが流行った理由

コンビニコーヒーが流行った理由は、値段が安く、味もそこそこだからです。

今までは持ち帰りコーヒーといえば、コーヒーショップか、缶コーヒーかでした。

コーヒーショップは場所代がメインと考えているので、持ち帰りは個人的にはなし。

しかも、値段が高く持ち帰りの意味なしが個人的な理由です。

そうすると缶コーヒーの一択ですが、缶コーヒーは割高感が非常にあるため、ほとんど飲みません。

味も独特で、とにかく砂糖が多い、ミルクが多いで、どれを飲んでも、ほとんど同じ味がするような気がします。

味が本格コーヒー

社内の年配の方が「コンビニコーヒーなんか美味しくないのがわかってるんだから買えるかよ」なんて言っていた人も、何かのお礼で買ってあげたら「バカにしててスマン」と言われるほど、味が良いです。

確かに、本格的な味がして、そこらのコーヒーでは対抗できないほどの味です。

カップコーヒーは味が美味しいことが多く、コンビニも同じ美味しさがあります。

ドリップ式というのがミソのようで、入れたて感が味わえます。

100円という手軽さ

1杯100円という手軽さは、本当に素晴らしい。

カフェに入ると、下手をすれば300円代必要なので、1/3の金額で本格的なコーヒーを飲むことができます。

缶コーヒーと比べても、120円に対し、100円です。

コーヒーを飲む人にとっては、毎日飲むので、コストダウンにもなります。

単純に1か月(30日)計算で算出すると下記です。

*カフェ 9,000円

*缶コーヒー 3,600円

*コンビニコーヒー 3,000円

無糖で飲める魅力

自分で砂糖とミルクを入れるか選べる魅力があります。

缶コーヒーは無糖と書いてあっても、甘い気がします。

「本当に入ってないの?」と疑って飲んでいました。

コンビニコーヒーならカフェと一緒で自分で選べるので、ブラック派にとっては、魅力です。

冷めにくく、温まりにくい形式

夏は氷入り、冬は冷めにくいカップを採用していることが非常に良いです。

夏は氷入りで冷たさの持続が期待でき、冬は口を狭くさせたカップで冷たくなりづらいです。

缶コーヒーと比べると、この部分も魅力的な理由です。

夏は体を冷やす、冬は体を温める、そんな時にもコーヒーを飲んでいませんか?

まとめ

コンビニコーヒーの魅力を改めて確認できたでしょうか?

次回は、容量の比較をしていきます。



-飲食