素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

スマホ

【スマホ】docomo withは本当に得なのか?

2017/05/31

サービス開始が近いdocomo with。

誰に向けたプランなのか?

入って得なのかを調べました。

前科が多いdocomoに、また騙されないようにするためにサービスを知る必要があります。



docomo withは誰に向けたプランなのか?

docomo withは誰に向けたプランなのでしょうか?

安くなるという言葉が先行していて、誰に向けたプランの誰に自分が当てはまらなければ、得にはなりません。

このdocomo withは、中間層に向けたプランです。

使いすぎず、使わなすぎないユーザー向けです。

限定される機種も、ヘビー向けではなく、使わなすぎないユーザーへの機種です。

そこそこ安ければ、どんな機種でも良いと考えている人には非常にお得です。

長く使えば使うほど、安くなるのは非常に良いです。

デメリットは?

デメリットは機種代が、全てかかってしまうことです。

今までは機種代金は、ドコモ持ちで購入ができました。

2年間の分割や、一括にしても割引が受けられるというやり方で、自分では支払っていないようになっていました。

今度はプランからの割引に変えられたので、機種代金が必要になってきます。

新発売から価格が落ちれば、よりお得になりますが、機種代金を落とすとも限りません。

それに、新機種のみの対応になる可能性も大きいです。

その意味でも今後の動きは気になります。

ドコモの狙いは?

ドコモの狙いは、中間層を多く取ることです。

ドコモに入ったら、永久割引で他に逃がさない為の策です。

多くのユーザーを抱え、総合的には売り上げアップを目論んでいます。

ですが、談合大好きの携帯会社ですから、他の会社も近々割引サービスを打ち出してくるはずです。

恒例の行事ですので、ソフトバンクはドコモと同じぐらいの割引で、auは少し安くするパターンです。

結局、ドコモが一番に発表するだけのパターンで何も変わらないのが、いつもの流れです。

今回も同じような気はします。

裏技はあるのか?

考えられる裏技は、2年後に中古の機種を買い、カードの差し替えをすることです。

そうすることで、2年では収まらない割引が永久的に続きます。

今までの支払いより、1500円割引になると考えれば、非常に安いです。

そもそも新機種を新品で購入するかもわからない層です。

ドコモを使い続けるにしても、機種は買わないような気はします。

まとめ

サービスの全貌が、出ているのか出ていないのかがわからないサービスです。

ついに月額に手をつけたドコモですが、他の会社の動きも気になります。

今後の動向に注目です。



-スマホ