素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

企業

【企業】100年以上続く会社でも破産!大阪の老舗カーペット屋ニッシンがついに!

100年以上続く会社 大阪の老舗カーペット屋ニッシンが破産しました。

100年以上続く会社は日本の企業の数パーセントしかありません。

2017年で創業100年以上の会社は33,069社しかありません。

それほど続く確率が低いのに、破産をするんです。

長く続けば盤石でもないようです。



なぜ長く続いても破産をする?

長く会社が続けば、基盤が出来上がっていて、盤石の地位があるように思えます。

ですが、実際はもっとシビアです。

業界全体の売り上げに左右され、長く続いている会社が盤石ではありません。

業界が揺さぶられれば、基盤がしっかりしているように見えても、基盤は揺らぎます。

会社単位ではなく、業界単位で見た方が、安心感はあります。

業界全体が盛り上がっていなければ、限界はきてしまいます。

カーペット業界は不景気だったのでしょうか?

カーペット業界だけ見ると、不景気ではありません。

ですが、新規参入、海外勢の安い物などが入ってくると、価格競争に巻き込まれます。

金額で転ぶお客さんが多いと、売り上げはその時点でガタ落ちになります。

特にメインのお客さんが金額で転ぶお客さんだと、手に負えません。

安かろう悪かろうの物をいくら売っても、利益は非常に低いです。

利益が低いと売り上げの割りに、儲けが少なすぎます。

売り上げで、社員の給料を支払っているので、利益がないと全員が苦しくなります。

そんなことをしていても意味はなくなります。

結局はどれくらい儲かっているのかが大事

結局は、どれくらい儲かっているのかが大事です。

儲けがないと、給料が払えません。

会社を動かす体力がなくなります。

自転車操業で明日の生活も危うくなります。

そんなことをしていても、意味がなくなるのです。

カーペットは在庫があっても、すぐには痛みません。

ですが、物によっては痛んでくるのもあります。

それと在庫に対して場所を多く取るのも、非常に不利です。

倉庫を別で借りなければならないです。

売り上げの単価まではわかりませんが、価格競争に巻き込まれてしまうと、利率が落ちます。

単価が高くても、良い動き方はしません。

100年以上の会社にもリスクはある

100年以上続いている会社は、盤石な基盤があり、揺るがない地位があると思っている人もいるはずです。

それは幻想です。

実際には昔からの流れを変えられず、昔ながらが多いです。

それに一族企業で、考え方が偏っています。

最新の物を扱うことはできず、プライドが高いです。

それが多くある100年以上の会社の中身です。

それを綺麗にできる会社だけ、生き残れるのです。

今回の会社は、ニュースなどでは出ていませんが、どんな中身だったのでしょうか?

まとめ

100年以上続く会社も盤石の地位とは言えません。

どんな会社にも、リスクはあります。

確実な物などなく、不安定の上に立っています。

大手でも潰れる時代なので、今後はどうなるかわかりません。

これからは先を読んだ人のみが勝ち残れるのです。



-企業