素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【健康】陥りやすい睡眠障害の原因と対策

2018/02/08

睡眠障害は、夜に眠れない病気です。

症状は寝つきが悪い、夜に目が覚めてしまうなどのことがあります。

現代人は睡眠障害に陥りやすいです。

普段のストレスなどがあり、睡眠に影響してくる為です。

睡眠障害の主な原因はなんでしょうか?

対策はあるのでしょうか?



睡眠障害とは?

睡眠障害とは、夜に寝れない病気です。

睡眠は人間にとって、非常に大事なことです。

体力の回復、体の機能回復、精神安定などの効果があり、人間には大事なことです。

ですが、睡眠の研究は進んでいないので、これ以外にも効果はあります。

実際に、何日か寝ていないと体の機能が全体的に悪くなります。

ボーっとするなどが、よくある症状です。

睡眠障害はこれらの睡眠の機能が停止することです。

睡眠をとらないと、人間は上手く機能しません。

睡眠障害と非常に危険な障害なのです。

代表的な睡眠障害の症状

代表的な睡眠障害の症状は下記です。

*寝つきが悪く、30分以上経っても眠れない

*途中で目が覚めて、なかなか寝付けない

*朝早く目が覚めてしまう

*ぐっすり眠った気がしない

代表的なものは4つです。

必ず前兆があるのが睡眠障害です。

決定的なことは置いておいて、なにかしら理由があります。

それが続いたりすると、睡眠障害になります。

何日か続けて同じような症状が出ると、睡眠障害です。

子供の頃から寝るのが下手な人がいます。

そんな人は睡眠障害に陥りやすいです。

代表的な睡眠障害の原因

代表的な睡眠障害の理由は下記です。

*心理的原因

*身体的原因

*精神医学的原因

*薬理学的原因

*生理学的原因

主な睡眠障害の原因は5つです。

上から順番にストレス、病気、鬱、薬、時差ボケです。

カフェインなどは、薬の項目に入ります。

この中で重大な理由は、ストレス、病気、鬱です。

これらは薬、時差ボケとは違い、すぐに治せるものではありません。

原因の種類が違います。

その場合、医者に相談するのが一番の近道です。

睡眠導入剤なども検討するべきでしょう。

睡眠障害の対策

睡眠障害の対策は、寝ることになれることです。

気にしすぎなどは、睡眠障害になる可能性が高いです。

無理な物は無理と決めつけ、気にしないことが大事です。

ほとんどのことは、自分が思っている以上に簡単で軽いことです。

そんなに自分を責めてまで抱える問題ではありません。

ストレス、鬱などが原因の場合は、環境を変えるのが一番良いです。

現代人の病気で多いのがストレスと鬱です。

気にし過ぎはよくないです。

まとめ

現代人はストレスが多い社会の中で生活をしています。

色んな人からの監視が多く、なかなか自由にならないです。

その不自由さがストレスの原因になることがあります。

ストレス解消を上手くし、ストレスをためないようにしましょう。

それが睡眠障害を克服する一番の近道です。



-生活・健康