素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

節約

【節約】節約の第一歩はコンビニを使う習慣を辞めること

2018/06/13

誰でも節約をしてお金を貯めたいはずです。

ですが、お金の貯め方がわからない人は多いです。

自分の生活の何が無駄で、何が省けるのかがわかっていない人です。

そんな人は、まずコンビニを使う習慣を辞めることが大事です。

コンビニは何を買うにしても高いです。

使う金額を抑えるには、非常に大事な選択です。



コンビニは高い

コンビニは値段が高いです。

何でも揃っていて、いつでも開いているのがコンビニです。

ですが、商品が定価で売っている為、非常に高いです。

便利だから高いのは当然ですし、誰もが周知の事実です。

コンビニ各社は売り上げも好調です。

その売り上げは、コンビニを利用している人たちが作っているものです。

スーパー、ドラッグストアは価格競争をして戦っているのに、コンビニはそこには参加しません。

確かにPB商品もあり、安く見せていますが、他の店舗と比べると圧倒的に高いです。

少しの手間で、同じ商品が安く買えるなら、安い方が良くないですか?

数十円ぐらい値段が高いぐらいもダメ

コンビニを多く使用している人は同じことを言います。

「数十円高いなら便利な方が良い」

確かに緊急で必要な場合は、数十円高くても問題ありません。

買い物の仕方がわからない、コンビニにしか売っていないなどの特別な時は別です。

ですが、緊急の時は年間に何回あるのでしょうか?

多くても数回のはずです。

普通の生活をしていれば、緊急の事はほとんどありません。

むしろ何で緊急になったのかが疑問になります。

緊急時は多く店舗があり、すぐに物が購入できるコンビニは非常に便利です。

普通に生活をしている時は、安く同じものを買う方法を知るべきです。

スーパー、ドラッグストアの方が断然安い

コンビニと比べると、スーパーやドラッグストアの方が断然安いです。

お弁当でも、コンビニは500円前後、スーパーは400円前後が多いです。

飲み物もコンビニは100円、スーパーは80円など、価格差は大きいです。

1回なら少しの金額ですが、利用する回数が多いと、出費は変わってきます。

週5日コンビニでお弁当を買っていたとしたら、100円×20日だと2000円の差が出ます。

お弁当のみでこれだけの差です。

1回の金額差は少しですが、積もり積もると、金額は大きいです。

これが年間だと、とんでもない金額になります。

コンビニの利用回数を減らせば、確実に節約につながるのです。

それでもコンビニに頼ってしまう時は?

それでも時間がない、他に店舗がない場合はあります。

そんな時はポイントカード、割引を利用することをお勧めします。

ポイントカードは200円で1ポイントと、全く効果がないぐらいの薄いポイントです。

ですが、ないよりマシになるので、ポイントが使えるお店を選ぶべきです。

割引も、インターネットで調べると、割引券、無料券などを多く配っています。

なにも情報がなくコンビニを利用していると高いですが、少し趣向を変えると、価格は抑えられます。

手間を少しだけかけて、出費を抑えましょう。

まとめ

コンビニは値段が高いです。

1回の買い物だと少しだけの金額です。

ですが、それが積み重なっていくと、大きな金額になります。

それを抑えるための努力は必要です。

節約にはコンビニを利用する回数を減らすことが重要です。



-節約